CFD

GMOクリック証券CFDとはFXと同じ仕組み?

更新日:

新垣結衣さんのテレビCMでおなじみのGMOクリック証券では新しサービスとしてCFD口座があります

「GMOクリック証券 CFD」とは何でしょうか?

新垣結衣さんのテレビCMでおなじみのGMOクリック証券では新しサービスとしてCFD取り扱いが始まっています。

CFDとは?

CFDとは「Contract For Difference」の略称で「差金決済取引」の事です。

CFDは為替、株式、株価指数、商品など様々な資産に投資ができる金融商品です。

FXのように証拠金を活用してレバレッジを効かせた取引が出来ます。

FXとはForeign Exchange」の略称で、「外国為替証拠金取引」の事です。

FXは為替に投資するものとして一般的に認知されていると思います。

FXもCFDの一種です。

CFDとFXは同じような仕組みと考えて大丈夫です。

GMOクリック証券CFDの評判

GMOクリック証券は、証券CFD、商品CFDともに国内取引シェアNo.1

GMOクリック証券は、証券CFD、商品CFDともに国内取引シェアNo.1の証券会社です。

GMOクリック証券はほぼ全ての銘柄でスプレッドが最狭水準なので取引コストが低くおさえられるのがとても評判よいです。

GMOクリック証券CFDの取引時間

GMOクリック証券CFDの取引時間ほぼ24時間可能

GMOクリック証券CFDは株取引と違い、日本のゴールデンウィーク等の祝日でも可能です。

CFDの取引可能日は原資産市場と同じなため、日本が祝日などの休場日であっても原資産市場が開いていれば取引ができます。

FXのように月曜~金曜のほぼ一日中トレードすることが出来ます。

(例)
日本225:月曜~金曜 8:30~翌7:00(米国夏時間8:30~翌6:00)
原油・金スポット:月曜~金曜 8:00~翌7:00(米国夏時間7:00~翌6:00)
米国株:月曜~金曜 23:30~翌6:00(米国夏時間22:30~翌5:00)

ほぼ24時間トレード出来ますので、日中は会社勤めでも夜にトレードできるのがGMOクリック証券CFDです。

GMOクリック証券CFD手数料(取引コスト)はいくら?

取引手数料は発生しませんが、スプレッドが取引コストとなります。

スプレッドとは売値(Bid)と買値(Ask)の価格差の事です。

CFDでは売るときの値段「売値」と買う時の値段「買値」の2つのレート価格差があります。

この差額(スプレッド)が実質的な手数料(取引コスト)となります。

その他にも各種調整額が発生します。

GMOクリック証券CFD確定申告は必要か?

GMOクリック証券CFDおすすめ銘柄

GMOクリック証券CFDで取り扱いされている人気の銘柄一覧

GMOクリック証券CFDで取り扱いされている銘柄は

・日本225や米国30のような株価指数
・原油・金スポットなどの商品
・各種ETF
・外国株(米・中)
など、

合計100種類以上の銘柄があります。

GMOクリック証券CFDの最大レバレッジはいくら?

GMOクリック証券CFDの最大レバレッジは株価指数CFDの10倍です。

各CFDのレバレッジ倍率は以下の通りです。
・株価指数CFD:レバレッジ10倍
・商品CFD:レバレッジ20倍
・株式CFD:レバレッジ5倍
・バラエティCFD:レバレッジ5倍

GMOクリック証券CFD口座開設方法

-CFD
-

Copyright© noise for free , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.