日記。

銀世界

投稿日:

4年ぶりの大雪であった1月22日。都内は銀世界となった。

見慣れたいつもの道に“白”が加わることで、普段とは趣の異なる風景があちこちに生まれた。その中でも写真の赤いチューリップは赤と白の対比が美しくてお気に入り。

さて、本日は友人達とお茶をした。とても楽しい一時だったのだが、正直、今の私は頭が混乱している。

というのも、ブログをうかつにも紹介してしまい、友人達と共に客観的にブログを評価した結果、とてもうら若き二十代女性の書く代物ではないことが発覚してしまったのだ。

自分の世界を構築することに夢中になりすぎて“客観性”がすっかり抜けていた。これは痛恨のミス。ここで軌道修正するか、現状維持を貫き通すか、心が揺れる。

ちなみに、私には「日本人女性初のノーベル文学賞をとりたい」という遠い夢と「可愛いお嫁さんになりたい」「ステキなOLさんになりたい」という近い夢があるのだが、現状維持を突き進む限り近い夢を叶えるのが果てしなく遠い気がしてきた。

どうしよう。しかし、詳しい反省点と改善点は今は考えられないので、一旦気持ちを鎮めて考えていきくことにする。

 

話は変わるが、寒さを感じないほど恥ずかしい心持ちでの帰宅途でのこと。

JR初め各線が大雪のため遅延・運行停止になる中、我が京王井の頭線は非常にスムーズに運行してくれた。東日本大震災の時も迅速に運転再開してくれた素晴らしい路線である。さすがだ。この私鉄の企業努力と誠実な仕事ぶりには毎回感銘を受ける。私はできる限り、これからも井の頭線を応援して行こう。

-日記。
-,